転居届の出し方

どうする?転居届の出し方

転居届は不備が無いように、注意を払う

 

引っ越しというのは、ただ荷物を移動するだけの作業ではありません。現在生活している住居をキレイにして、新しい住居へと荷物を運搬することが重要なことは、言うまでもないことなのですが、それ以外にも多くの手続きを取らなければならないのです。最も重要な手続きは、地方自治体の役所に対して書類を提出することです。書類には、いくつかの種類があるため、引っ越しの内容に応じて、適切な書類を提出しなければなりません。

 

引っ越し前と後とで異なる地方自治体に住むことになる場合は、転出届・転入届を提出することになります。しかし、同一の地方自治体の中で引っ越しをする場合には、転居届を提出します。転居届は、新しい住居に住み始めてから、14日以内に提出することとされているため、忘れずに手続きをしなければなりません。引っ越し作業を行う前後というのは、バタバタしていて忙しい状況が続くため、気をつけていないと、手続きを忘れてしまいます。

 

転居届を提出する際は、身分証明書、印鑑、国民健康保険被保険者証、国民年金手帳などの書類が必要になるため、きちんと揃えなければなりません。書類に不備があると、手続きに余計な時間が掛かってしまうため、注意するべきです。

 

引っ越しで見落としがちな公共手続き

 

単身引っ越しの時に見落としがちなものに、公共手続きがあります。公共料金や住民票などです。
公共料金は、電気代、ガス代、水道代です。電気は契約している電力会社に連絡をします。電気はギリギリまで使うことが多いため、引っ越しの日に集金に来てもらう事も出来ますし、後日払うという形にする事も出来ます。

 

ガスも契約しているガス会社に連絡をします。電気は引っ越し先でもブレーカーをあげれば、すぐに使うことが出来ますが、ガスはそうはいきません。止める手続きも必要となりますし、開栓する時もガス会社のスタッフが来て作業を行います。そのため、引越し先でガスがすぐ使うことが出来るように、あらかじめ手配をお願いしておく必要があります。

 

水道は自治体ごとで異なるため、自治体の水道の担当部署に連絡をします。メーターを確認してもらって精算の手続きをとります。もちろん、引越し先では水道のバルブをひねって開けてもらう必要があるため、こちらもあらかじめ連絡をしておきます。単身引っ越しの時は一人で全部手続きをして忙しいため、つい忘れがちです。
住民票は、転出届、転入届によって手続きを行います。

 

単身引っ越しの場合、子供の学校の手続きなどがなくてつい忘れがちですが、これは期限があるため注意が必要です。転出届は、引越しの14日前から引越し後14日以内に行います。転入届は、新住居に引っ越してから、14日以内に届けます。
このように、単身引っ越しで見落としがちな公共手続きは色々とあります。

 

独立など、前向きな引っ越し理由

 

初めての一人暮らしをする場合にはいろいろな不安が取り巻いているために、できるだけ身近に相談相手がいることが望まれています。

 

特に就職などの際に親元から離れて独立をする場合にはできるだけ会社の近くに引っ越しをすることによって、多くのメリットが挙げられます。また、独立をしようとしている人をサポートしてくれる引越し業者の数も年々増加しているために、料金体系はもちろんのこと、サービス品質などに気を配っている業者に任せることがすすめられています。

 

お得に単身引越し!まずは料金見積もりから

 

引っ越しをする際には体力が必要となるために、できるだけ複数の作業員を依頼することが良いとされています。作業員の数を増やすたびに料金が嵩んでしまう傾向が見られますが、新生活を始める際の投資としてはそれほど負担に感じない人が大勢います。引っ越し業者の料金については年齢や性別、職業などによっても異なることもあり、事前に複数の業者に見積もりを提示してもらうことが有効です。

 

大手の引っ越し業者が集まっている一括見積もりサイトを利用することによって、自宅に居ながら複数の業者の比較をすることができます。初めての一人暮らしで戸惑わないように様々な情報源を活用することも重要です。

 

ホーム RSS購読